本文へスキップ

債務整理 過払い 京都

TEL. 075-744-1330

〒604-8162 京都市中京区七観音町637
インターワンプレイス烏丸6階

利息の過払いで借金が減ったり無くなったり、過払い金を取り戻せたりするのは何故ですか?

 利息の払い過ぎが繰り返されると、法律上は、それだけ多くの元金の弁済を行ったこととして扱われます。
 そうすると、実際の残元金が減るため、元金に対して発生する、「本来支払わなければならない利息」もより少額になります。
 しかし、サラ金業者・信販会社はそのようなことを無視して、高い利息を取り続けているのですから、多額の残金に対する高利の利息を取り続けることになります。

 その結果、適法に計算した場合に払うべき利息と、サラ金業者・信販会社の違法な計算に基づいて請求される利息の差はより大きくなっていきます。そして、この差額はまた、残元金の弁済に充てられることになります。
 
 こういった繰り返しが長くなれば長くなるほど、つまり取引期間が長ければ長いほど、より多額の元金返済を行ったことになります。その結果、サラ金業者・信販会社の違法な計算では返しても返しても減らなかった借金が、適法な計算によって見直すことで大幅に減ったり、ゼロになったりすることになります。

 さて、適法な計算で考えると借金がゼロにっているとしても、サラ金業者・信販会社はそれまでと変わらずサラ金業者・信販会社の違法な計算で弁済と高い利息の支払いを求めてきます。そして、キャッシングを利用している方々も、自分の借金がまさか法律的には完済できているということを知らずに返済をつづけています。
 ですが、既に説明したとおり、貸金業者側の計算ではなく適法に計算をしなおせば「すでに完済した借金」なのですから、月々のを支払いの必要もないのです。
 ですから、それを知らずに払った返済金は取り戻すことが認められます。これが過払い金です。

バナースペース

いろどり法律事務所

〒604-8162
京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637 
インターワンプレイス烏丸6階

TEL 075-744-1330
FAX 075-744-1331